任意整理は専門職にお任せしよう。

任意整理と司法書士

ハンマーと本

辛い借金に……

借金を払い続けても元金が減らないで苦しんでいる人、特に多重債務者はアリ地獄の様な借金生活を送っている人がかなりいます。会社に借金の催促の電話が掛かってきたり、家庭に督促の手紙がきたり家族に知れないかと心配して気の休まることができません。
そんな生活を何年も続けていると精神的にまいってしまいます。現状を打破するために司法書士に依頼して任意整理を考えることが必要です。

任意整理は専門職にお任せ!

任意整理は個人でもできますが。法律的な知識がないと現実的には不可能です。司法書士に依頼するほうが問題解決の早道になります。
まずは無料相談も行っている司法書士に相談してください。契約書や取引履歴書がしっかりとしていれば、任意整理でどれだけのことができるか試算してもらえます。試算が満足にいくものならば正式に依頼をします。この段階で任意整理にかかる費用が発生します。そして司法書士が債権者に対して受任通知を行います。これによって債権者の取り立てなどの行為ができなくなります。家族や会社に借金がしていることがばれないかいつもビクビクしていた状況が改善します。
しかも毎月の返済がストップします。司法書士は提出された情報をもとに引き直し計算をおこないます。実際の借金額がいくらなのか明らかにします。その結果を本人に報告して任意整理を継続するかを確認、和解交渉で譲歩できる範囲の確認もあり、どこまでなら和解に応じるかをあらかじめ決めておきます。依頼人との打ち合わせをもとに司法書士が和解交渉を行います。この間依頼者は特に何もすることはありません。
返済も止まっているので安心して生活ができます。和解が成立すれば和解契約を締結します。契約書は司法書士が作成してくれるので安心して結果を待つことができます。